エース工機株式会社

資料請求・お問い合わせ
エース工機株式会社 TOP>採用情報>先輩インタビュー>先輩インタビュー 東日本営業部
先輩インタビュー 東日本営業部
コミュニケーションを大切に
お客様から信頼される営業へ

つまずきながらも、前に進む

学生時代に飲食店やスーパーマーケットなどでアルバイトをした経験から、就職活動を始めたときには食に関わる仕事がしたいと考えていました。創作和食のお店で働いていたのですが、そこは厨房の規模が大きかったため、さまざまな機器が設置されていました。グリスフィルターの油汚れを洗っていたこともあり、その大変さも知っていたし厨房機器には馴染みがあったと言えます。エース工機を知ったときも、そんな経験から親しみを感じました。

会社という組織は指示に従うことを一番に要求されるような気がしていたのですが、エース工機は自由度が高く、自分自身でいろいろ考えて実行していける会社です。それは難しいことでもあるのですが、つまずいて迷ったときも先輩たちは絶対に見捨てたりしません。みんな仕事の手を止めてアドバイスしてくれます。問題点なども的確に指摘してくれるので、まだ経験の浅い私は日々先輩たちに助けられています。

誠意が伝われば、お客様との距離も縮まる

誠意が伝われば、お客様との距離も縮まる

いまは、新入社員の課題である、「マップ営業」と呼ばれる新規開拓営業を頑張っています。自分で訪問エリアやお店を決めて、グリスフィルターや清掃についての提案を行う仕事です。お店の業態・外観からニーズをある程度想定したり、お店の方とお話しながら内容を瞬時に考えたりするのですが、一人で回るようになってから日が浅いため、上手くいかないことも多々あります。でも、人と会ったり話したりすることが好きなので、自分に合った仕事ができていると思います。

お客様と良好な関係が築けている案件は徐々に増えてきました。やり甲斐を感じるのは、一度断られてもめげずにまた訪問するうちに、だんだんと商品やサービス、そして自分の存在も認めてもらえていると思えたときです。まだまだ本当に新米なので偉そうなことは言えませんが、自分がやると言ったことや、お客様にやってほしいと言われたことは絶対に守ろうと思っています。例えば、「忙しいから来月また来て」と言われたときは、月が変わったらすぐに訪問します。お客様は覚えていなくて「なんで来たの?」という反応だったりもするのですが、説明すると律儀にまた来たことをほめてくれたりして…少しずつ距離が縮まっていくのが本当に嬉しいですね。

自分で営業スタイルを確立できる環境はやる気につながります。でもその分、自己管理もしっかりしなければなりません。常に責任をもって自分を律すること。それがこれからの課題だと思っています。

営業に大切なのは、相手に興味を持つこと

営業に大切なのは、相手に興味を持つこと

やはり営業の面白さはお客様とのコミュニケーションです。人と関わるということは、人に興味を持つことだと私は考えています。たとえば、「あなたに興味があります」という姿勢で臨むと、お客様も心を開いてくれることが多いです。その反面、「苦手だな」とか「どうせ断られるし」とか、ネガティブな気持ちを持ってしまうといい結果は生まれません。

私自身、今はまだ「営業の奥深さ」を感じながら毎日試行錯誤している状態ですが、それでも少しずつ成長している手応えがあります。最初は知識がゼロでも大丈夫です!研修もありますし、先輩方は同行中に本当に多くのことを教えてくれます。早く一人前になれるよう一緒に頑張っていきましょう!

採用情報TOPへ戻る

top